アライグマ撃退のマル秘ガイド【害獣駆除を徹底しよう】

作業員

駆除に必要な準備

住宅

アライグマはペットとしての人気がとても高い動物でした。日本で放送されたアニメがその火付け役だと言われていて、可愛らしい容姿で注目されるようになったのです。日本には生息していない存在であったため北アメリカなどから輸入されるようになったのですが、飼いきれなくなった人が捨てたり、脱走したりして野生化したアライグマがどんどん増えてしまっているのが現状です。駆除を行なうにしても凶暴なアライグマを相手にするのはとても危険なため、もしその姿を見かけても近づかないようにしましょう。アライグマは頭が良く手先も器用であるため、罠を仕掛けてもかいくぐってしまう事があります。屋根裏からの騒音や糞尿の悪臭で困っている場合には効果的な方法で駆除を行なう事が大切です。

狂犬病は日本国内での発症が確認されていません。海外から帰国した人が狂犬病を発症したケースはあるものの、検疫などでしっかり守られている国内は比較的安全だと言えます。しかし野生動物、特に外来種は狂犬病ウィルスを保有している可能性が高いと考えられるでしょう。アライグマも狂犬病を媒介する恐れがあるので、駆除のために近付いて噛まれてしまうと感染症や大怪我の恐れがあり大変危険です。安全に駆除するためにはそれ相応の準備が必要不可欠になるので、事前に罠や捕獲用のケージなどを用意するようにしましょう。

アライグマは自然保護の観点から見ても危険な要素であると言えます。日本国内の生態系にも影響を及ぼす恐れがあるのです。被害に遭う前に対策を行なう事が大切なのですが、どのような方法が適切であるのかをしっかりと見極める事が重要になります。